ケーブルカー


サイン、コサインの学習をはじめるときに有効なソフトです。 坂道の勾配から三角比、三角関数を導入します。初めて勉強する人には サイン、コサインはとても難しく感じられるでしょう。そこで現実から 抽象的な数学概念を結び付ける橋渡しとして、半抽象、半具体的な 媒介物(数学教育用語でシェーマということもあります。)を使って 学習すると効果的です。このプログラムは現実の坂道について の学生の経験と三角関数の概念を結び付けるものです。実際のプログラムでは、ケーブルカーが上下に動いたり、坂道の角度が変わったりします。